判決 のアーカイブ

「裁判員には死刑囚が首をくくられて死んでいく様子を伝えるべきだ」 死刑執行に立ち会った元刑務官、葛藤の日々訴える

Posted in ニュース with tags , , on 8月 2, 2009 by hoge

凶悪事件を扱う裁判員裁判では、死刑が求刑されるケースが避けられない。だが、死刑がどう執行されるのか、その実態はベールに包まれたままだ。生命を奪う刑罰の正体を知らずに、裁判員は死刑判決を下すかどうかの選択を迫られる。死刑執行に立ち会った経験がある元刑務官で作家の坂本敏夫さん(61)=宇都宮市=は「司法を担う裁判員には死刑の現実を伝えるべきだ」と話す。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009073102000071.html

植草元教授の実刑確定へ 最高裁、上告棄却を決定

Posted in ニュース with tags , , , , , on 6月 28, 2009 by hoge

電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反罪に問われた元大学院客員教授、植草一秀被告(48)の上告審で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は27日までに、被告側の上告を棄却する決定をした。同被告を懲役4月の実刑とした一、二審判決が確定する。
上告審で植草被告側は「被害者や目撃者の証言は信用できず、真犯人は別にいる」などと主張したが、同小法廷は「上告理由に当たらない」として退けた。一、二審判決によると、植草被告は2006年9月、京浜急行線の品川―京急蒲田駅間を走行中の電車内で、女子高生の後ろからスカート内に手を入れて、体を触った。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090627AT1G2700Q27062009.html