【エネルギー】フランスで熱核融合炉が本格着工へ 日本も積極関与と文科相

1 :猫驀地 ◆KalKanFFMU @猫まっしぐらφ ★:2010/05/07(金) 23:53:13 ID:???
未来のエネルギー源として核融合が有望かどうかを検証する国際熱核融合実験炉(ITER)の
フランス南部での建設工事で、中核となるトカマク装置など主要施設の建設が今夏本格化する。
ITER機構は6月に基本計画の見直し会議を開催、設計や研究日程、コストを再検討、2019年にも
プラズマ点火へ至る運びだ。

ITER計画は建設地の誘致合戦で青森県六ケ所村が最終候補地に残るなど、日本も深くかかわって
いる。カダラッシュの建設地を5日視察した川端達夫文部科学相は、同計画が「エネルギー政策の
根本にかかわるもの」として「着実にしっかりやっていきたい」と述べ、日本としても積極的に
支える姿勢を強調した。

ITER担当者によると、07年に始まった建設サイトの整地や用水路、資材搬入用道路の建設作業は
ほぼ終了し、縦500メートル、横1キロの広大な用地が整備された。

共同通信(6日18:33)
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010050601000686.html
国際熱核融合実験炉(ITER)の建設予定地
http://img.47news.jp/PN/201005/PN2010050601000737.-.-.CI0003.jpg


7 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 00:32:44 ID:mNNlwCJS
エリアルの事も思い出してあげて下さい。


8 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 00:34:05 ID:1g8XB/C/
水素を豊富に使えると地球上というよりむしろ宇宙で使える電力源だ。
特に火星より遠くでは太陽光に期待できない。

難易度は核融合炉に比べれば高速増殖炉のほうがまだ遥かに現実的な程。
地球軌道レベルでのエネルギー供給は太陽光で間に合うようなので
時間かかってもいいから更に遥か先を見据えて開発して欲しいな。
どうせ、現状でも50年やそこらではできやしないでしょ。


9 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 00:34:36 ID:UExbwk6I
透過膜


10 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 00:42:58 ID:kupCgdIk

ちなみに『水爆』が『水素が核融合されてヘリウムが生み出されるエネルギーを利用した爆弾』です。

そして『核融合』では、人体に有害な放射能は放出されません。

『水爆』は、核融合を励起させるために原爆を爆発させるので放射線が出るのです。

ご存知ガンダムには、ヘリウムをリチウムに核融合させる特殊な(富野式粒子が発生する)核融合炉が搭載されています。ただし『08小隊』と『Vガン』のMSのみ原子炉が搭載されていたようです。

そして最近の核融合は大出力レーザーで加熱、励起されているらしいです。



11 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 00:53:26 ID:li7SQwOV
>10
>そして『核融合』では、人体に有害な放射能は放出されません。

核融合で放出された中性子にぶちあった核璧は放射能を持つようになるけどね。
まぁいずれにせよ確かにどっちも「放射能」は放出しないよな。


12 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 00:59:01 ID:Pty

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。