【コラム】「未来のクルマ」はトンデモ似非科学ばかり 電気自動車も燃料電池車も普及しない★2 [10/05/03]

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/05/05(水) 13:06:27 ID:???
文=安井至(東京大学名誉教授)

「21世紀のクルマ」として電気自動車が脚光を浴びている。だが本当に電気自動車は「次世
代の主役」となり得るのか。東京大学名誉教授・安井至氏は「その見通しは甘い」と言い
切る。

 電気自動車はエネルギー効率が高く、CO排出量抑制に有効であることは事実だ。だが
それをもって電気自動車を「地球環境問題の救世主」と持ち上げる人がいるなら、「甘い」
といわざるを得ない。なぜなら予想されるような普及はおそらくないからだ。理由は単純
で、電気自動車は「高くて、使い勝手が悪い」のである。

 たとえば、今年4月から日本初の個人向け販売を開始する三菱のiMiEVについていえ
ば、販売価格は約460万円だ。これほど高額になる理由は、搭載されているリチウムイオ
ン電池が高いからで価格の半分を占めるといわれている。しかも寿命は約5年。フルに充電
しても走れるのは100km程度で、うっかり使い切ればその場で立ち往生というのが、いま
の電気自動車の姿である。

 250万円あればプリウスが買えるのに、460万円払って、近隣しか走れず、5年後に
電池交換で200万円もかかる車をいったい誰が買いたいと思うだろうか。

<次世代エコカー関連用語>
*電気自動車 バッテリーに蓄えた電力でモーターを回し走行する。「燃やさない車」と
してCO2排出削減で注目される。次世代エコカーの中では燃費がもっとも良いが、リチウム
イオン電池の高価格、航続距離の短さ、充電インフラの整備など課題が多い。4月に三菱
自動車がiMiEVを個人向け販売開始。日産もリーフを日米で発売予定。

 電気自動車の難点がバッテリーの高価格、航続距離、充電インフラの整備であることは
指摘されていた。にもかかわらず各社が普及に向けて開発を進めているのは、「量産すれば
安くなる」というロジックに基づいている。だが、それは疑わしい。なぜなら、複雑な工程
を踏む製品なら、大量生産によってラインを整えればコストダウンが可能になるが、電池と
いうものは、構造は単純で、コストに占める原材料費の割合が高いのである。つまり量産
したからといって価格を下げられない。普及するには、価格が10分の1になるか、寿命が
3倍になるか、どちらかしかないと考えるが、実現は難しいのではないか。

 03年に創業した米テスラ社のEVスポーツカー「ロードスター」にはノートPCなどの
バッテリーに使われている「18650」という規格のリチウムイオン電池が6800本も
積まれている。1本400円として270万円以上になる。18650は三洋電機が年数億
本も製造しているが、それだけ量産してもこの価格なのだ。

ソース
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20100503-01/1.htm

前スレ
【コラム】「未来のクルマ」はトンデモ似非科学ばかり 電気自動車も燃料電池車も普及しない [10/05/03]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1272964174/


256 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 01:44:07 ID:GJtw5gOs
つか、オルタネータをつけて、助手席側の奴は自転車漕ぐなりして
運転中は発電>車には充電させてやれば、永久機関になるんじゃね!
すげ、俺天才かも
名づけて「ダイエットエコ車両」マスコミが好きそうな単語が
2個も入ってるし、きっと売れるってw


257 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 01:44:45 ID:shWPqRy/
自転車・・・いや何でもない


258 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 01:48:39 ID:8B0oJynL
電気自動車を既存の自動車の代替と考えてる時点でひどい老害だな。

中国の電動スクーターの現状を視察すりゃ理解できる。
・時速20~30km程度で1日50km程度を走行できればいい
って需要が新興国を中心に確実にあって、加えて
・暑い国では屋根で直射日光が防げるとうれしい(というかできないと熱射病で死ぬ)
っていう、スクーターと自動車の中間的な乗り物を東南アジアがほしがってるんだよ。

国内市場は新興国市場を取るための単なるテストベッドに過ぎないの。
充電インフラ(送電インフラはすでにある)をODA使って経産省と重工メーカー、ITゼネコンで受注して、
自動車メーカー、電機メーカーがインフラ整備した国に電気自動車を新興国で売るっていうシナリオだよ。

この教授が工学部で産業エンジニアを育ててたと考えるとクラクラする。
「日本のエンジニアは知識は多いが使い物にはならない」という評価が定着するわけだわ。


259 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 01:59:06 ID:U1UszktM
>>20
決まった線路の上しか走らない電車なんて、架線で十分だろ。


260 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:04:50 ID:igM8fLCP
なるほど結構目がさめる記事だな
しかしちょっと甘いささやきに聞こえなくもないのが心配だ


261 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:11:32 ID:79aSnDwR
道路に、「非接触型の充電設備」を埋め込んで、走りながら充電する方式も
研究されているけどな。
インフラにものすげえ費用がかかるけど。

現状でも、短距離用と割り切ってしまえば使えると思うけどね。
ネックは燃料電池の値段だけど、それさえ解決できればな。



262 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:11:33 ID:823LPzPF
>>258

>電気自動車を既存の自動車の代替と考えてる時点でひどい老害だな。

1をじっくり読んだけど、各自動車メーカーが、ガソリン車の代替車を
作っていることへの警鐘しゃない? まともな意見だと思う。


263 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:15:29 ID:qJorVl8/
>>258
正しいことを言ってる人を老害呼ばわりw
お前こそゆとり脳じゃんww

この人は、現状のEVはバッテリーが高すぎてお話になりません。
バッテリーは量産しても、値段は大して下がりません。
新型バッテリーでも発明されない限り、当面性能も限界だし、値段も下がらないでしょう。
と言っているだけだし。
だとすれば、ハイブリッド、プラグインハイブリッドが有力ですね。
と言っているだけ。
量産効果でバッテリーの値段が下がるって説を似非科学って言っているだけでしょ。
似非科学で悪ければ、夢を見るな、現実を直視しなさいってことな。
これは業界の常識だし、彼はそれを素人向けに言っただけ。
何が老害なんだよww

いくら新興国のニーズにマッチしたところで、500万とか400万の軽自動車が売れるわけないだろ?
今のEVの値段の半分以上はバッテリーなんだから。
まともな走行距離にしたら、8割はバッテリーの値段になっちゃうんだぞw

そんなアホな作り話にあっさり乗るお前こそ使い物にならないww


264 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:21:07 ID:VuQ8C6DH
>>263
でも、ちょっと近視眼的すぎる。
戦略性が皆無。

コレでは理系が馬鹿にされても仕方がない。
アメリカの軍や政府関係の理系ならもっとトータルで考えられる。



265 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:26:19 ID:e/HNEcIE
>>235
別に日経を読む必要は全くないと思う
Bloombergとか情報源はいくらでもあるから

日経のオリジナルってすごく浅はかな社説とか
ちょっとマイナーな中小企業の紹介とか
それくらいでしょ


266 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:27:31 ID:dGItcFy8
日本政府や自衛隊関係の理系に戦略性があればこんな事態には陥ってない


267 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:35:20 ID:8B0oJynL
>>263
その前提がおかしい。
400万~500万円になるのは、先進国の公道を走らせようとするから。
んで、メーカーがそういう車を開発するのは、国内市場をテストベッドにするため。
商用ベータ版のようなもんだ。

実際に主力商品として販売したいのは、電動オート三輪みたいなもの。
先進国基準の「まとも」な走行距離も最高速度も求められてない。
安井先生の話は工学的議論としては正しいんだが、
工学の前提にある「想定するビジネス構造」がそもそもおかしいので、
技術を積み上げた結論があさっての方向に向かう典型に陥ってる。

こういう技術部門の管理職の存在が、企業を縮小均衡に向かわせる。


268 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:36:22 ID:VuQ8C6DH
まぁ、なんというか、日本の理系は技術オタクを乗り越えてない人が多い。
海外もそういう人が多いけど、日本で理系というと、殆ど技術オタクばっかりで、
戦略性とか機微に富んだ微妙な発言ができる人は極々少ない。
そこは、ひとえに、教育レベルの低さ、視野の狭さが原因だと思う。

まぁ、文系は更に低くて、もう既に国際競争力的に言って、
クソ以下の存在だからここでは触れないでおく。


269 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:39:17 ID:xOoFZ6H5
>>1
エネルギー密度(容量)が上がることが記事から抜け落ちてるぞー。

イーメックス、リチウム電池の2倍の蓄電性能持つキャパシター開発
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320090616bjao.html

イーメックス、リチウムイオン電池の寿命延ばす技術開発
http://www.nikkei.co.jp/news/tento/20100203ATDS2900102022010.html

米大学、リチウムイオン2次電池の容量を5倍に拡大する負極材料を開発
http://www.eetimes.jp/news/3782

マンガン系正極材料を用いた産業用リチウムイオン電池の寿命を2倍にする技術を開発
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2010/04/0405a.html

住友大阪セメント、エリーパワーの大型リチウムイオン電池に正極材を提供
http://www.ecool.jp/news/2010/03/soc53-938.html

東京農工大,単層カーボン・ナノチューブとチタン酸リチウムを複合したLiイオン・キャパシタを開発
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100412/181802/


270 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:42:20 ID:dafmPxJa
>>264
科学的な事実と金融関係者が言うような「騙せば勝ち」みたいな戦略とを比較しても無駄だよ。
別のことをゴッチャにして考えることは国防総省やホワイトハウスではやっていないw
まず事実(真実たりうること)、次にそれをどうするか?(どうすれば効率的活用か?)という二つのレイヤーから
検討された結果の方法論を戦略というんだよ。

君が言っていることは文系特有の思考法でしかない。


271 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:46:39 ID:VuQ8C6DH
>>270
まぁ、日本のいわゆる文系でもここまでする奴はそう居ないと思うが、
将来の技術進歩と、各国の経済成長と購買力、それらを元とした市場規模予測、
国際政治状況や動向をふまえた、今後の日本の取るべき戦略的方向性。
そういうのを加味しない戦略というのは、目先の枝葉末節に終始し、方向を大きく見誤る。

車の運転でも目先の5メートルばっかり見て運転してると、フラフラして危ない。



272 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:51:54 ID:cWoBKQDc
>>258
オマエよく調べてみろよ。
東南アジアの殆どの一般人はEV車買えるほど裕福じゃないってのw


273 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:54:20 ID:HcIUs0Rd
>>269
エネルギー容量の上昇以上に
リチウム鉱石の価格が上昇するんじゃね?

リチウム鉱石の最大のサプライヤー国って
ボリビアだぞ。


274 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 02:58:24 ID:qJorVl8/
>>267
雨後の筍の様に出ては消えていくベンチャに騙される悲しい奴って、
お前みたいな奴なんだろうな。

君がわかってないのは、リチウムイオン電池パックがいかに異常なものかと言う単純な話なんだよw
それ以外のバッテリーなら、日本の自動車メーカーに参入の余地はない。
コスト構造的に、無理だよww
だけど、それ以外のバッテリーなら、性能的にガソリン車代替も、また無理なんだわ。

>400万~500万円になるのは、先進国の公道を走らせようとするから。
全然違うさ。
リチウムイオンバッテリーパックってのはさ、
物凄くデリケートで、精密な充放電マネジメントをしないと直ぐ爆発するか炎上する。
それ故、作っても歩留まりが物凄く悪いの。
だから、馬鹿高い。
ガソリン車代替をやると1台あたり1000万超えちゃうんだよ。
だから、走行距離短くして、搭載量減らして、なんとか先進国のエコ税制悪用して、
やっと先進国の金持ちなら買える値段に押さえ込んでるの。
今のアイミーブの走行距離って、そり「オート三輪」に毛の生えた程度だから、
例えそらにバッテリー半分にしても、200万以上になる。

安井先生は、調べたことを全部書いていないってだけで、
君の様な変な「妄想によるビジネス構造」を前提になんかしていないので、ご心配なく。


275 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 03:12:14 ID:VuQ8C6DH
>>274
50~100万程度税金の補助を入れればそんなの解決するだろ。



276 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 03:19:54 ID:DysP8lQM
「量産高価っていっても、バッテリなんて既にノートPC用に山ほど作ってる」
てのは、ああなるほどと思うな。


277 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 03:22:33 ID:qJorVl8/
>>275
それを入れて、
近所のスーパーかパチンコ屋にしか行けない車を、400万てのが現状でしょw
1台あたり、500万~600万税金で補助するならEVは直ぐ実用化できるし、
700万~800万補助するなら、あっと言う間に普及するよ。
リチウムイオンバッテリーの性能は全く問題ない。


278 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 03:23:04 ID:xOoFZ6H5
>>273
リチウムはリサイクルが容易だったはず。
他の記事だと、リチウムは十分足りるという予想がされてる。

レアメタル危機の深層  枯渇がありえないこれだけの理由
http://diamond.jp/series/dw_special/10071/

リチウム確保加速 豊田通商
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_k/ckei091103_1.htm

米MIT、燃料とカーボン・ナノチューブを利用した発電技術を開発
http://www.eetimes.jp/news/3757


279 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 03:34:46 ID:VuQ8C6DH
>>277
狭い日本では何千㎞も走らないから、別に問題ないんだよ。

後はエアコンと充電の手間だけで良い。


280 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 03:47:49 ID:xOoFZ6H5
>>1
しかし、安井さんもまだまだ勉強不足だな。

「スマートグリッドは日本には必要ない」とか言ってるけど、
気象情報を使った発電量予測、電力の余剰不足の予測情報の配信、
地域間連系線の増強、下流から上流への逆潮流への対応など、やることはいっぱいある。


281 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 03:53:16 ID:m5gitn/o
>>275
その補助金はどっから出てくんだよ


282 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 03:58:20 ID:1RjTLYrz
この教授が言及しているのは「今のスペックの電気自動車」だろ。
いってみれば終戦まもなくしてたちあがった初期のトヨタの車をみて
日本では国産車普及はとても無理。 というようなものじゃないかな。
技術発展するし、量産効果でてくればコスト圧縮も可能。

寧ろハードル高いほどハードル超えて普及させていく力技は日本産業ならば
ではの強みだと思うのだが。


283 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 04:04:59 ID:m5gitn/o
電気自動車は先にバイクでやったほうが良いんだけどな。
快適装備要らないから電気食わないし。
たいした距離も走らないから航続距離もそんなにいらん。


284 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 04:13:21 ID:IrtdXYVU
文系脳はバッテリーに対する幻想や妄想ばかり
エジソン以来バッテリー開発は休みなく行われていても今はこれが限界
今後も飛躍的な性能アップなどありえない
実祭とはかけ離れたメーカー発表のEV走行距離も
今アメリカで測定基準を作り始めている
EVを普及させたいのなら発電機搭載を義務化するべき
バッテリー上がりでそこらじゅうで大渋滞を引き起こす
エコどころかエゴでしかない




285 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 04:57:18 ID:euFoItTd
ある東大名誉教授は「EVは普及しない」と言い、別の東大名誉教授は「EVは本格普及する」と言う。


286 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 05:10:49 ID:euFoItTd
>>278
どう見てもリチウムが足りてないな。

「リサイクルが容易」と「実際にサイクルが回る」も別だし。
技術が進んで長寿命になればなるほど、多くの製品の中に固定化されていく。
サイクル長=車齢になれば、一度製品になれば平均で10数年は返ってこないことになる。


287 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 05:20:55 ID:1LRXFE/d
>>284
連中ことあるごとに携帯電話やパソコンの進化スピードを例に出してくるけど、
電池も電気自動車もここ数十年で発明されたものではなくてそれぞれ18世紀、19世紀に
生まれたもので今日まで技術革新のために優秀な研究者と莫大な費用を投じて研究開発が
進められてきたと言う前提の下でこの程度なのだから電子機器みたいにムーアの法則が
成り立つものではないことは理解して欲しいよな


288 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 06:28:11 ID:XMEBwq1w
>>287
>優秀な研究者と莫大な費用を投じて

投資したのは新しい分野の電池に対してではなく、ほとんどは他社との競争のため
に既存製品の改良に対して行ったもの。リチウムイオン電池が量産を開始したのは
1990年代。市場規模もそれほど大きくなく、総出荷額の9千億円は、この不況で2年
前の56%まで売上げを落とした三菱自動車の2/3にも届かない。

リチウムイオン電池の開発が進んだのは、材料の解析技術や微細加工技術が進ん
だからで、20年前に今と同じ性能のリチウムイオン電池が生産できたかというと無理。
100年前から開発されていたというのは意味のない話。車載用電池にこれまで投資
された開発費は、量産されていたPC・携帯用のセルに比べて一ケタ以上少ない。

日産の電池工場が2013年以降にフル操業となって、日産30万台、ルノー20万台の
体制になれば(エコノミストEV特集でのゴーン氏インタビューから)、5万円/kWhなら
6000億円、3万円/kWhでも3600億円の出荷額になる。


289 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 06:45:19 ID:TUSxW3to
そこでレンタル馬ですよ。


290 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 06:54:33 ID:DGS45Ait
ドラゴンボールに出てくるような車が欲しい

タイヤがなくて少し空中に浮いてる奴w


291 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 06:56:56 ID:lnKzabP8
>>284
バッテリーは量産すれば安くなる
燃料電池も量産すれば安くなる

って10年くらい言い続けているアフォがいる気がする・・・

基本的にPCヲタの発想だと思う。
10年後、今のCPUの性能の10倍の奴が同じ値段で買えるようになる
とかいう発想
基本的にアフォなんだと思う。


292 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 06:57:39 ID:Bg8/eBeu
>>291
ちょwPCヲタ舐めんなw


293 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 07:17:24 ID:HlvLsEsv
今の電池じゃ重量体積比のエネルギー量がガソリンと比べて少ないのが問題なんだよ



294 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 07:22:52 ID:fKmIOXEM
スマートグリットは電力計と配電盤に光回線と情報機器と制御回路組み込めば
いいのだから案外簡単に普及するのでは?
 なんたら電気保安協会とかあるし


295 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 07:25:08 ID:HDLEv0M8
「エコ」自体、似非科学な気がしないでもない。



296 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 07:36:48 ID:fKmIOXEM
>283 バイクの方が難しい、カブの燃費考えてみろ。
俺はXR100Mに乗ってるけど40k/L位は走る、満タンでリザーブになるまで200km位
は走るがそれでも少し巡航距離が足らない。
 無給油でバイクだったら250Km位の巡航距離が使い易いのでは?


297 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 07:40:29 ID:pw3PgzUn
2199年になれば
高層ビルの間に透明なチューブが張り巡らされ
その中をチューブカーが走る時代が来るから
電気自動車なんて普及するわけがない


298 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 07:44:33 ID:MSl9bMT1
石油の枯渇は必ず来るのだからそれに代わる電気自動車の開発を
今のうちにしなきゃいけないというのは小学生でもわかっていることなんだけどな


299 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 08:03:07 ID:pw3PgzUn
>>298
地久滅亡も必ず来るのだからその為に巨大宇宙船の開発を
今のうちにしなきゃいけないというのは小学生ならわかってることなんだけどな


300 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 08:03:28 ID:9FxxK8/r
>>165
>クルマ用に充電池を開発するなら
その通りなんだよな、いま18650を使ってるのも丁度良いのが無いから
仕方なくって側面も。現状で手に入る中、調達しやすいものを選ぶのがベター
であるけど、決してベストではない。


301 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 08:06:48 ID:mqXvLTTs
>>19
テキトーなこと言うな。
その前に過去の偉人達の積み重ねがあるんだよ。


302 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 08:10:22 ID:et/yrxDt
どう考えても電気自動車は普及するだろ。

トヨタが邪魔しなければ・・・。


303 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 08:46:36 ID:4jRqHOWw
高効率発電エンジン + (インホイール含む)モーター駆動

という方向性もダメなのかね。
アルコールでも(バイオ含む)エタノールでも水素でも、
各エネルギー源から高効率発電できるものを搭載したら・・・


304 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 08:56:30 ID:/xxw1vKW
>>303
アメリカやロシアの田舎道なら
エンジンで直接駆動した方が効率
良さそうだな


305 :名刺は切らしておりまして:2010/05/06(木) 09:03:54 ID:eo86eI/M
>>302
電池に技術革新・革命が起きないと難しいでしょ。
急速充電可、大容量、長寿命、低価格、低環境負荷な電池が出来ないと無理だと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。