【政治】 楽観主義が政治を救う 政権を一回選んだからには4年じっくり任せる覚悟が欲しい 政治には時間がかかる…倉重篤郎 

1 :おっパブうっしぃφ ★:2010/04/11(日) 13:52:49 ID:???0

★反射鏡:コップの水はまだ半分もある=専門編集委員・倉重篤郎

 「政権交代していいことありましたか?」とあちこち聞いて回るのだが、芳しい返事が返ってこない。
多くの方がまゆ根にシワ寄せて、暗い表情をする。

 確かに、政治とカネの不始末、ドン詰まりの普天間問題、この財政状況、日本の全般的なステータスの低下
……などをもって「鳩山政権には愛想が尽きた」「この間に進んだ日本の劣化はひどすぎる」などと言う。

 だが、本当にそうなのか。
へそ曲がりの身上として早速、永田町に乗り込み、政治の本丸がどうなっているのか、見てきた。
9日午前の国会周辺である。

 まずは、首相官邸裏のビル街を歩く。自民党有力政治家や関連利権団体が事務所を連ねていた一角だ。
表に出せない政治資金や陳情の巣になっていた。
政治記者には重要な取材ポイントだったが、今や見る影もなく閑散としている。
権力の切れ目がカネの切れ目となった典型だ。

 それに比べてほぼ建設の終了した12階建て新議員会館3棟(衆院2、参院1)の立派なこと。
隣の7階建て旧会館が物置然と見える。議員1人当たりのスペースは40平方メートルから100平方メートルへ広がる。
6月から引っ越しが始まるというが、選良としての仕事の質、量も2・5倍にしてほしい。
これで政治が裏通りから表通りに戻ってくるとすれば、建設費千数百億円の税金投入も仕方がないだろう。

 国会内に入る。売店の国会お土産コーナー。時の政情をもじったお菓子が売れ筋だ。
新党ブームに早速「日本の力 かりん党」が山積みに。
ただ、自民党政権時代に比べると売れ行きがいまいち、という。政権交代で陳情窓口を一本化、
いたずらに多かった地方陳情団や、有権者サービスの国会見学ツアーが減ったことと関係あるようだ。(続く)

毎日新聞 http://mainichi.jp/select/opinion/hansya/news/20100411ddm004070002000c.html

続きは>>2-5



829 :名無しさん@十周年:2010/04/11(日) 15:50:51 ID:7kbNd/860
>>822
自分たちは特権階級にでもなろうとしてるんじゃないの?
その時は権力が一点に集中してる方がいいじゃん。


830 :名無しさん@十周年:2010/04/11(日) 15:51:07 ID:99NumcIM0
民主主義のルールとして政権を一回選んだからには4年ぐらいはじっくり任せるぐらいの覚悟が欲しい

選ぶ基準がマニフェストだった事。
そのマニフェストは実行不可能なものばかりだったこと。

民主主義のルールとして政権を一回選んだからには4年ぐらいはじっくり任せるぐらいの覚悟が欲しい

なんか殺意を覚える一文だな





831 :名無しさん@十周年:2010/04/11(日) 15:51:20 ID:bB23TAJb0
といっても

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。