【サッカー/日本代表】中村俊輔「トップ下?急にきたからイメージがわかなかったよ」…4-2-1-3の『俊輔システム』で強行出場へ

1 :すてきな夜空φ ★:2010/04/06(火) 06:39:41 ID:???0
日本代表MF中村俊輔(31)=横浜M=がセルビア戦で06年ドイツW杯以来となるトップ下で
先発する可能性が出てきた。
日本代表は5日、堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンターで練習を開始。左足甲の
打撲と左足首のねん挫を抱える司令塔は、岡田ジャパン初となる4―2―1―3の『俊輔
システム』で強行出場を果たす。

エース俊輔の不退転の決意に報いるようなシフトだった。5日午後、強化合宿初日、
岡田武史監督(53)はフォーメーション練習で代表監督就任後初めて俊輔をトップ下に置いた。
「トップ下? 急にきたからイメージがわかなかったよ」
夕日に笑顔を浮かべた俊輔は4―2―1―3システムで主力組のトップ下に入り、岡崎、矢野、
石川の3トップとプレッシングを確認。セルビア戦で、絶大なゲームメーク能力と創造性を
生かした“俊輔システム”がついに発動する。

俊輔のオシム・ジャパンでの主戦場は4―4―2の右サイドハーフ。岡田政権下でも常に右の
アタッカーだったが、代表でのトップ下出動は屈辱の1次リーグ敗退となったドイツW杯以来
4年ぶり。クラブでもセルティック時代の08年3月の欧州CL16強、敵地バルセロナ戦で
務めて以来で2年ぶりの本職復帰となる。
「自分が一番やりやすいポジション。周囲と連動しながら、もっている攻撃面の引き出しを
いろいろ出せる」と、常々語る愛着深き定位置。2か月後に南アW杯を控えた土壇場で、
岡田ジャパンの究極シフトとして期待されるが、主役は手負いだ。

3日の清水戦での接触プレーで左足甲に重度の打撲を負ったが、同時に左足首のねん挫も発覚。
この日の25分の居残り練習では左足の強振をせず、右足でのプレーが中心。強行出場となるが、
「一日一日、良くなっている。大丈夫としか言わない」と、弱音を封印した。満身創痍(そうい)でも
絶対的な力を見せつける。

ソースはhttp://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20100405-OHT1T00255.htm
強烈なキックを放ちボールの行方を見つめる中村
http://hochi.yomiuri.co.jp/photo/20100405-530525-1-L.jpg


29 :名無しさん@恐縮です:2010/04/06(火) 07:08:52 ID:NHDsqghb0
なんか、本田用のチームにきりかえって感じだな。
あのシステムは今の本田か全盛のときの中田が得意とするポジションだからな。
そこに直接俊輔を本田の位置に置くってことは。。。

駄目出しするつもりかなぁ???


30 :名無しさん@恐縮です:2010/04/06(火) 07:14:14 ID:qVCvIs/60
>>4
同意


31 :名無しさん@恐縮です:2010/04/06(火) 07:14:47 ID:hK8VccMo0
さっそく予防線w


32 :名無しさん@恐縮です:2010/04/06(火) 07:14:51 ID:niK0nW+MO
好意的に見れば右のポジションを石川に取られ
このフォメに本田が入ったらトップ下も追い出

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。