植草元教授の実刑確定へ 最高裁、上告棄却を決定

電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反罪に問われた元大学院客員教授、植草一秀被告(48)の上告審で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は27日までに、被告側の上告を棄却する決定をした。同被告を懲役4月の実刑とした一、二審判決が確定する。
上告審で植草被告側は「被害者や目撃者の証言は信用できず、真犯人は別にいる」などと主張したが、同小法廷は「上告理由に当たらない」として退けた。一、二審判決によると、植草被告は2006年9月、京浜急行線の品川―京急蒲田駅間を走行中の電車内で、女子高生の後ろからスカート内に手を入れて、体を触った。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090627AT1G2700Q27062009.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。